リラコの2ヶ国語日記

児童英語講師・リラコが綴る日本語+英語の2ヶ国語日記 ☆再び英語力を上げるため奮闘中!!英語に興味のある方もそうでない方も覗いてみてくださいね**コメントなどいただけると嬉しいです(*^^*)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
cuba2

新市街*New town

cuba1

旧市街*Old town


二重構造の国*キューバ <1>
Cuba * two-tiered country <1>


就職する前にどうしても行っておきたかった国がキューバだった。

大学での専攻は国際政治学。
今の仕事とはあまり関わりもないのだけれど
高校生の頃から中東問題などの民族紛争に興味があった。

The country I eagarly wanted to visit before starting
to work was Cuba.

I majored in international politics in the university.
It has almost no relationships with my work now, though
I'd been interested in problems of the Middle East and
other ethinic conflicts since I was in high school.

国際関係とか勉強しながら
「なんで社会主義はよくないとされるんだろう?
 考え方的にはいいと思うんだけどな・・・。」
という思いがずっと引っ掛かっていた。

ちょうどアメリカの同時多発テロ"9.11"が前年にあり
ニューヨークも見てみたかったし、アメリカとキューバ
は国交がないので、途中メキシコを経由していけば
スペイン語の練習にもなってちょうどいいと思った。

While studying international relations,
the idea that had been hooked in my mind for a long time was
"Why socialism is thought to be bad?
I think the basic idea is good....."

The year before my graduation, the September 11th
terrorists attacks happened.
I also wanted to go to New York to see the Ground Zero.
And, since there were no diplomatic relations
between United States and Cuba, I thought it's a nice idea
to go through Mexico and enter Cuba, because I can practice
my Spanish as well.


日本を出る前に両親には
「キューバはさすがに心配だから行かないで」
と言われた。私もキューバ行きに関しては
一人で大丈夫かな?と不安があった。
手前まで行ってから様子を伺おうと思った。

Before leaving Japan, my parents told me,
"Please don't go to Cuba.
We worry about you."
I also worried to go there alone,
so I thought I'd decide whether to go or not
in Mexico.

キューバへの玄関口、メキシコのカンクンの
日本人バックパッカー宿で、キューバに興味のある人を
探してみた。そうすると、いた!!!
同い年か一つ上のU。
後で知ったことだが、Uは結構危ない国を一人旅で
回ってきた人だった。中東やユーゴにも行ったそうだ。
私はすぐにキューバ行きの話を進めて
翌日に現地旅行代理店でハバナ行きのチケットを取った。

At Cancun, a gateway to Cuba,
I stayed at a Japanese backpacker's accomodation
and searched if there were somebody interested in
going to Cuba. And I found a guy!
"U" was as old as I ,,,or one year older?
I knew it later that, he had traveled around dangerous
areas like Middle East, Yugoslavia and some other places.
We talked about going to Cuba and the next day,
we got plane tickets to Havana at the travel agency.


昔を思い出しながら書いてみました~**
長くなったのでこのあたりで☆

*to be continued...*


ランキングに参加しています**
応援していただけると嬉しいです**

にほんブログ村 英語ブログへ

コ メント

>kokoさん
kokoさんの旅も楽しそうですよね**またいつか聞けたらいいな**とにかく現地に行って感じなければわからない!!と思って回ってました☆
いま思えばなつかしく、また親はさぞかし心配したのだろうと反省もしてます・・・☆
でも行ってよかった**気が済みました~(^^)

>stanさん
ぜひ勉強してみてください☆編入、できるといいですね~!大学は学ぼうとすればなんでも学べるからおもしろいです。海外の大学は日本より厳しいんだろうな。
キューバはさすがに文化というか、社会の違いを感じさせてくれました。

>三四郎さん
訪問&興味深いコメントありがとうございます~!!
大学の講義が見れるなんて知らなかったです。私も時間があれば久々に聞いてみようかなぁ。
音読、大切ですね。自分で聞きながら自分でつっこんでます・・・やっぱ発音甘いと感じるとことかもあったりで(笑)。がんばりま~す**
2008/04/02(水) 00:07:56 | URL | リラコ#-[ 編集]

こんにちは。先日はコメントありがとうございます。
リラコさんの音読も聞きました。素敵なお声ときれいな発音で刺激されました。(英語学習の刺激です。)

音読大切ですよねー がんばろっと。

国際政治学専攻されたということで思い出しました。一昨年あたりから慶應大学湘南藤沢キャンパスの講義http://gc.sfc.keio.ac.jp/の視聴を楽しんでいます。(本物の講義!しかも無料で見れます。) 個人的には2006年秋の「比較体制論」や2006年春の「国際比較法制論A」が好きです。ちょっとまどろっこしいところもまた味の一つです。

・・・いきなりなんの話をしてるんだか・・・失礼しました。
2008/04/01(火) 22:15:00 | URL | 三四郎#O7xVy9HA[ 編集]

キューバ・・・
渡米したら、一度行ってみたいです。
USから近いけど、
国交ないからメキシコ経由なんですね。

渡米後大学に入ったら、
国際政治学勉強してみたいです!
編入できるかなぁ。。
2008/04/01(火) 18:32:43 | URL | Stan#-[ 編集]

現地の事はその場に行かないとわからない部分がほとんどですね。地を踏んで空気に吸い、人に触れ少しだけ見えてくる文化と歴史。
リラコさんの日記を読みながら、自分の旅も思い出しました^^
2008/04/01(火) 13:38:14 | URL | tinykoko#mQop/nM.[ 編集]

> freudeさん
名前短くされたんですね!!
シンプルになっていい感じです(^^)
と書き忘れてました☆
2008/04/01(火) 09:11:19 | URL | リラコ#-[ 編集]

チベットも大変なことになってますよね・・・。
私もただ興味があるだけで、その国の人たちの心がわかりきれるわけはないのですが、紛争や対立がどうにかしてなくなってくれることを願っています。
あの頃は若かったな~~なんて思いながら書いてます(笑)昔の旅の思い出も記録に残せるっていいかも。というか今書かないと忘れそうです(^^;)
2008/04/01(火) 09:06:11 | URL | リラコ#-[ 編集]

いろんな経験をなさっておられますね
貴重な経験に思います
その国の方の、心の痛みはなかなか分かりません
チベットに関しても、他人事のように思ってしまうのが
悲しいです

応援させていただきました
2008/04/01(火) 00:36:11 | URL | freude#-[ 編集]
コ メントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://rilakorila1223.blog18.fc2.com/tb.php/64-1eb2375b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。