リラコの2ヶ国語日記

児童英語講師・リラコが綴る日本語+英語の2ヶ国語日記 ☆再び英語力を上げるため奮闘中!!英語に興味のある方もそうでない方も覗いてみてくださいね**コメントなどいただけると嬉しいです(*^^*)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
santa and tree


Wow, it's been more than a month since my last journal!
Today is the Cristmas Eve, so I wish all a very happy Christmas!!!

わあ、前回の投稿から一月以上経ってしまってますね!
今日はクリスマスイブ。
みなさんにとってもハッピーなクリスマスでありますように***


Recently, I read a very nice book, which made my mind change.
You know, everybody has good times and bad times
and when I read the book, I was in my bad time.

最近、私を変えてくれるとてもいい本に出会いました。
誰だって、いい時、悪い時ありますよね。
その本を読んだとき、私は悪い方の状態でした。


This book helped me from the darkness of my mind.
After reading this book, my mind has become very calm and peaceful.
I read two other books written by the same author
and they were also nice.

この本は私の心を暗闇から救ってくれたような気がします。
この本を読んでから、なんだか穏やかで、平和な気持ちになれました。
同じ著者の本を他にも2冊読んでみました。どちらもよかったです。


Here I attached some of the lessons he suggested

この本で出てきたレッスンの一部をご紹介します。

1. All that I give is given to myself.
私が与えるものはすべて、自分自身に与えている

2. Forgiveness is the key to happiness.
 ゆるしは幸せにいたる鍵である

3. I am never upset for the reason I think.
私の心の動揺は私が考える理由によるものではない

4. I am determined to see things differently.
私はものごとをちがった目で見ると心に決めている

5. I can escape from the world I see.
by giving up attacj thoughts
攻撃の思いを手ばなせば、私の見る世界から
 脱出することができる


相手を、そして自分自身を「ゆるす」こと。
そうすれば心のやすらぎにつながっていく。
罪悪感、責める気持ち、恥じる気持ち・・
そういったものを全部含めて、ゆるそうと思いました。



「ゆるしの法則」
「愛とは、怖れを手ばなすこと」
「ゆるすということ」

ジェラルド・G・ジャンポルスキー著



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。