リラコの2ヶ国語日記

児童英語講師・リラコが綴る日本語+英語の2ヶ国語日記 ☆再び英語力を上げるため奮闘中!!英語に興味のある方もそうでない方も覗いてみてくださいね**コメントなどいただけると嬉しいです(*^^*)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tabidachi



今日、英語の主任をされていた先生が
最後の挨拶に来られた。

すごく信頼の厚い先生で、保護者や生徒からは
もちろん、先生の間でも頼りにされていた。
いなくなってしまうことは学園にとっても
英語課にとってもとっても痛いことなのだけれど。

Today, our chief of English section came
to say final farewell.

He was so respectable man.
Parents, students, and us teachers
relied on him a lot.
We gonna have a big hole both in the school
and English section.

先生にとっては夢に限りなく近づく一歩。
私はその決断を聞いたときに心から祝福した。
減らす予定だった仕事が確実に増える
ことに覚悟を決めながら。

This decision is a meaningful step for
him to be closer to his dream.
When I heard about it, I celebrated his decision
from the bottom of my heart.
Knowing that I gonna have more work,
although I had planed to reduce it.

「先生がやめるならやめる」
そう言われたりもしたみたいで。
でも、その翌日に電話があって
「先生だから英語やってるんじゃない。
英語ができるようになってきて、好きだから続ける」

できるようになるから好きになる

私も一人でも多くの子どもたちに
できるから、わかるから楽しい。
そんな学ぶことの喜びを伝えていけたらいいな。

"If the teacher quit, I will quit."
Some students (or mother?) told him.
but, the next day, there was a call and said,
"I am studying English not because you are my teacher.
I've come to understand English and I enjoy it. So, I won't quit."

When you come to understand something,
you can find yourself enjoying it.

I want as many children as possible
to feel like that.
I hope I can inspire children the joy of learning.



ランキングに参加しています**
応援していただけると嬉しいです**

にほんブログ村 英語ブログへ




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。